サークルにゴヴァノンが4体

心機一転スタート、ゴヴァノンのゴヴァノンによるゴヴァノンのためのヴァンガードブログです

スポンサーサイト

  1. --/--/--(--) --:--:--_
  2. スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ファイターズクライマックス2012 仙台地区大会 レポート

  1. 2012/11/06(火) 20:59:28_
  2. 未分類
  3. _ tb:0
  4. _ comment:0

簡単にですが

参加37名

1回戦 ジエンド×
後攻ガトクロでぶれいぶ焼かれる、ガンスライド裏マロンVSクロスジエンドオワタ


2回戦 聖樹 ○
ライドがカローラ→アイリス→トレロ
ラインが
R<トレロ-G0アルボロス>
V<トレロ-ドロトリ>
だったので常にVラインを10000ガードで楽に守ることが出来ました。その分途中で出てきたレインボーウッドを通さざるを得なくなり、手札でいい勝負に・・・あれはどちらも守っていたらそれは辛かったですね。
こちらはマジェ裏ゴヴァノンと、騎士王といぷラインでよろしくやっていたものの、最終的には手札カツカツ
終盤に出来たベディといぷラインが機能してなんとか勝利。


3回戦 騎士王 ○
昨夏の全国制覇者
グレード2の時点ではお互いブレードだったため、恐らくマジェと判断がつかなかったのか、普通にブレードのアタックを通してくれました。
4ターン目にまだ10000のマジェに対して、<アカネ-マロン>と<バロミ-リアン>ラインを騎士王(裏ぶれいぶ)がクリティカルを乗せて殴ってきたものの、ダメージトリガーで
1点目ヒール(発動)2点目ヒール発動、バロミを通して3点目ドロー
で完全にアカネラインが仕事をせず、アドバンテージを得ます。
そこからはこちらのペース、途中5点に追い込んでからバロミ裏がといぷがるになり、ライン上昇したものの、途中からグレード3を多く抱えていたようで、かつイゾルデを握っていなかったことが幸いし、何とか勝利。


4回戦、ズィール ○
連携は成功、2ターン目から展開され、6000のダークに対してガンロックの強さが光りました。
更に次のターン、吸い込み5点まで追い込みますが、ズィールのLB込でパワー4000のマジェがタコ殴りにされます手札には大量の5000シールドのため、Vをノーガード、トリガー乗らず耐えきります。
返しにといぷをV裏、Rにマジェマロンラインを配置し、1枚貫通をクリティカルを乗せて先攻4ターン目の勝利



5回戦 マジェミラー○
先攻を取り、初手はマジェガンスブレードエポナ2、昨冬の全国大会の一場面を思い出し、トップを信じることに。
ドローがイゾルデだったのでそのままライドします。
こちらのブレードアタックは通った返し、向こうもブレードにライド。ベディマロンで20000ラインを横に配置。
ブレードのアタックはノーチェンジと言えど通せないと、エポナとゴヴァノンを切ってガード。クリティカルを乗せられて2点は通したが、そのお陰で最速マジェVSバロミの構図に。15000のままが2ターン程続き、楽に守れたこと、相手のアタッカーがすっかり切れたこと。こちらのトリガーの乗りがとても良かったのもあり、勝利


予選は4勝1敗で、決勝トーナメントにtakaさんと2人で駒を進めることが出来ました。
お互いに初戦を落としてからの4連勝だったため、気が引き締まる思いでしたね。


決勝トーナメント
1回戦 騎士王 ×
初戦でtakaさんに土をつけている中学生?でしょうか
先攻を取られ、リアンを3度回される。2ターン目もリアンを回し切り、返しにブレードを通してマジェの準備は完了、返しのトップが騎士王でCBからラインを作られる。この際5点まで追い込まれ、泣く泣く切ったのがスターコールトランぺッター、これがプレミ
返しのターンにマジェ砲はイゾルデを切られ、その返しにトリガーが乗った分ガードが足りなかった。

ドローとヒールが一切絡まなかったという点を考えると、どう考えてもダークを切ってスターコールで圧縮する場面だったと思います。そうすれば一応インターセプトは1枚残ったし、デッキをシャッフルしてヒールの芽も摘めた可能性が高い。
因みにリアンを3回はリアンで縦ラインを作られた結果。リアンライドをやめてといぷに乗ったので、そこを指摘すれば回転を抑えることが出来たのかなとも思いました。
それでも、強さは光っていた。ズィールと同じ速さ、4ターン目での敗北


仕方ないと思いながらも、まだまだプレイングの甘さ、ああいう空気から離れていた分の自分の甘さを痛感しました。


結果ベスト7という半端な結果に、レシピも乗らず、惜しいことをした。
takaさんは4位(サイン入りストレージまで貰って当日のラッキーボーイ独占です)。嬉しい反面自分ももう一つ上に上がりたかったと、悔しい思いもあります。


決勝に上がったクランは
上からツクヨミ、騎士王、騎士王、ツクヨミ、後はマジェ、ジエンド、ジエンド?だったかなと思います。予選は銃士、メイル、ズィールやらもそれなりにいたりしましたが、何よりも騎士王が目立ちました。
一応マジェ使った中では一番上でしたが、そんな3人程度しかいなかったような環境でそれ言っても、それに騎士王をしっかり破った上でないと胸張っていられません。


優勝者のツクヨミは、トムともか、ラックバードが光る構築でした。
あれは本当に強かった。上に行くプレイヤーは、環境をしっかり読めていたと思います。ジエンドは初戦だけだったことを考えると、ジャベリンの存在感がほぼなかった点がちょっと残念でした。


強いプレイヤーとまた相見えることができたこと、その中で一応トーナメントまで残れたことは今後の試金石です

次はさらに上を目指します
スポンサーサイト

テーマ:カードファイト!! ヴァンガード - ジャンル:ゲーム


<<エクスカルペイト・ザ・ブラスター | BLOG TOP |

comment


 管理者にだけ表示を許可する
 


trackback

プロフィール

ゴヴァノンの人

Author:ゴヴァノンの人
相棒と共に頂点を目指すヴァンガードファイター

FR2011トリオ、全国大会出場
FC2012仙台大会、ファイナリスト(ベスト7)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

« 2017 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR


FC2Ad

▲PAGETOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。